« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

かもし家 淳吟

このところ遠方からのお客様がよく来られます。
まず2月7日に、埼玉県鴻巣市より、初老といっていいかな?のご夫婦がお越しになり、
14日には、神奈川県川崎市から、こちらはマイミクさんですが、お越し頂きました。
そして16日は、北海道の札幌市より、一人の若者が来店されました。

その若者の名は、山本君と言います。
親しくさせて頂いている北海道在住のお客様より当店をご紹介頂き今回のご来店となりました。

まだ29歳の彼ですが、この度独立して飲食店を始められるとの事。とても爽やかで感じの良い青年で、一時間ほどの短い時間でしたが、目を輝かせながら日本酒に対する思いを熱っぽく語られました。そして及ばずながら当店もお手伝いさせて頂けるようです。

ブロクで紹介してもいいですか?の問いに「ぜひ!」ということで、じゃ何か1本持って下さい。とお願いしましたら、「あした千代酒造さんに行く予定なんだけど、今日試飲させて頂いた中では、これかな、という言うことで「百楽門」を持って撮影となりました。

そんな正直で飾り気のないところも彼の魅力です。
当店もしっかり応援したいと思います。

かもし家 淳吟
北海道札幌市清田区北野7-1 長井ビル1F     ★★ 3月22日オープン ★★

| | コメント (0)

創菜 いかさまや と 地酒BAR ろっぢ

10日(水)の定休日
ひさしぶりに大阪へ出かけました。

最初に行ったのは、「創菜 いかさまや」さんです。実は先日、店主さんがお越しになって色々と国産ワインをご購入いただいたこともあって、どんなお店か気になっていました。
大阪の本町と言いますと、ビジネス街です。入店したのは午後7時ごろでしたが、店内は仕事帰りのサラリーマンでいっぱいです。

幸い、私たち(3名)の席だけが空いていたようで、席に着くことが出来たのですが、その後も次々とお客さんが訪れ、繁盛してましたね。

ほとんどのお客さんは、芋焼酎です。テーブルの真ん中に、ドンと一升瓶をおいて、ロックや水割り、お湯割りで焼酎を楽しんでいました。

店の前には、写真のように、地酒新入荷のたて看板もあるのですが、酒をのんでいるのは私達ぐらいでした。

料理はもちろん、焼酎やお酒のアイテムも多く、仕事を終えたサラリーマンには、打ってつけの店という印象でした。

創菜 いかさまや
大阪市中央区本町4-4-27

続きを読む "創菜 いかさまや と 地酒BAR ろっぢ"

| | コメント (0)

千代酒造の別注品


◆篠峯 八反 純米吟醸 うすにごり 無濾過生酒

月末に蔵を訪問した際に、篠峯シリーズの中でも個人的に大好きな「八反 純米吟醸」のうすにごりが飲んでみたいです。とお願いし実現したのが左側のお酒です。

メロン系の華やかだけど上品な香り、それもそのはず出品酒と同じ酵母だそうです。含むと思い切りジューシー、うすにごりのため果実感が断然アップしています。なのに派手さはなく、含み香もきれい。うすオリのため何ともやさしい酸と旨味があり、ふわっとふくらみすっーと消えるように流れます。

私の想像以上の旨さでした。正直もっと本数頼んでおけばって思いました。ぜひこの美味しさをお試し下さい。


 篠峯 八反 純米吟醸 うすにごり 無濾過生酒
 あべたやオリジナル 別注品  1800ml / 3,360円



◆篠峯 純米生原酒 押槽 無濾過生酒

この酒も蔵を訪問した際に、毎日の晩酌に出来るぐらいの手頃な無濾過生原酒があれば・・・と話しましたら、「じゃコレはどうでしょう?」とご提案頂いたのが右側のお酒です。

「押槽」とは、圧力をかけて搾っている状態のこと。
新酒らしいフレッシュさを持ち、含むと程よい酸のある辛口。無濾過生原酒らしい米の旨味もしっかり保ちながら、キレよくのどに入ります。お酒だけでもいいですが、食中酒として特におすすめです。お料理を選ばず楽しめます。

この味わいでは、かなりお買い得です。


 篠峯 純米生原酒 押槽 無濾過生酒
 あべたやオリジナル 別注品  1800ml / 2,100円

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »