« 千代酒造の別注品 | トップページ | かもし家 淳吟 »

創菜 いかさまや と 地酒BAR ろっぢ

10日(水)の定休日
ひさしぶりに大阪へ出かけました。

最初に行ったのは、「創菜 いかさまや」さんです。実は先日、店主さんがお越しになって色々と国産ワインをご購入いただいたこともあって、どんなお店か気になっていました。
大阪の本町と言いますと、ビジネス街です。入店したのは午後7時ごろでしたが、店内は仕事帰りのサラリーマンでいっぱいです。

幸い、私たち(3名)の席だけが空いていたようで、席に着くことが出来たのですが、その後も次々とお客さんが訪れ、繁盛してましたね。

ほとんどのお客さんは、芋焼酎です。テーブルの真ん中に、ドンと一升瓶をおいて、ロックや水割り、お湯割りで焼酎を楽しんでいました。

店の前には、写真のように、地酒新入荷のたて看板もあるのですが、酒をのんでいるのは私達ぐらいでした。

料理はもちろん、焼酎やお酒のアイテムも多く、仕事を終えたサラリーマンには、打ってつけの店という印象でした。

創菜 いかさまや
大阪市中央区本町4-4-27



次に向かったのは、地酒BAR ろっじさんです。
こちらの店主さんも、以前に当店まで来ていただいた事があって、ぜひ私も店に伺いたいたいなぁと思っていたお店です。

お店は二階。階段を上がった踊り場には、左の写真のようにたて看板があり、奈良のお酒もしっかりアピールされています。

ろっじという店名からもわかる様に、入り口や店内も山小屋の雰囲気が漂います。




頂いた名刺の裏には、料理の脇役でなく、日本酒が主役の地酒BARです。日本酒を味わうためにの最小限の料理しかご用意していません。
軽くお食事を済ませてからの来店をおすすめします。と書かれてありました。

トイレの中も気分は、信州・上高地です。

お酒の方は、じっくりと味の乗ったタイプがお好きな店主さんの好みで熟成酒が多いです。(入り口の黒板にも書かれています)。

カウンターだけの小さなお店ですが、ゆっくり酒談義するには、もってこいのお店です。

地酒BAR ろっじ
大阪市中央区西心斎橋2丁目9-5
日宝三ッ寺会館2F-4

|

« 千代酒造の別注品 | トップページ | かもし家 淳吟 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千代酒造の別注品 | トップページ | かもし家 淳吟 »