« 片上天然醤油 | トップページ | 東京出張 »

新日本酒が旨い

この本、おもしろい! おすすめです

新世代日本酒とはフレッシュ・フルーティーで爽やかな日本酒。その魅力と、背景にある技術の進化を解説。新世代日本酒、注目の日本酒を厳選紹介。初心者でも最高に美味しい日本酒に出会うことができるガイド本。

いま日本酒は歴史上最高の味になっている。いわば「新世代」の日本酒であるその酒は、「フレッシュでフルーティー。そしてきれいに切れてするりと喉に落ちていく、わかりやすいおいしさ」という共通の味を持っている。

「ただ辛いだけの酒」「ベタッと甘い酒」とはまったく異なる新しい酒―。その魅力と、背景にある技術の進化を解説する。おいしい酒の買い方から飲み方まで、“ゼロからわかる日本酒ガイド”。著者が厳選した全国の「新世代日本酒」36銘柄、「注目の日本酒」154銘柄を紹介


第1章 飲む前に、知っておきたい「日本酒」のこと;
第2章 実は、いま「日本酒」はすごいことになっている;
第3章 「おいしい日本酒」はどうやって見つける?;
第4章 さあ「新世代日本酒」を飲んでみよう;
第5章 これだけ知っていれば、もう日本酒通!;
第6章 いま最高の「新世代日本酒」ガイド
     ―全国43都道府県注目の蔵元


◎本文より
パック入りの日本酒を初心者はとりあえず飲まない
コンビニエンスストアやスーパー・マーケットの日本酒コーナーに行くと、ズラリとパック入りの日本酒が置かれています、テレビで放映されている日本酒のコマーシャルもその多くはパック入りですね。話はそれますが、日本酒はパック入りで、ビンで売られているのは焼酎だと思っていた若者がいました。メーカーさん、笑えない話ですよ。
そのパック入りの日本酒は「日本酒のベテラン向けの酒」で「日本酒初心者」はとりあえず飲まないで下さい。・・・・・


角川SSC新書:新世代日本酒が旨い
著者:かざまりんぺい
価格:819円(税込)

|

« 片上天然醤油 | トップページ | 東京出張 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

 素敵な本のご紹介、ありがとうございます。

 ただ、初心者の方がツール、考え方として使う分は良いのですが
 
 この本に紹介してある酒しか試さない(全て試すのも時間がかかるでしょうね)ように
なるのが懸案です。(酒のブランド化、一極集中を恐れています)

 是非、一つ、地元の手に入りやすい酒を基盤にして、いろんなお酒を試して、比べて欲しいなと
思うのです。

 どんな酒蔵さんが、紹介されているかは興味があります・・・

 あべたやさんと、この本とのかかわりは何かあるのですか?

投稿: ぽかり | 2010年1月27日 (水) 06時11分

ぽかりさん、こんにちは、コメントを頂きありがとうございます。

まず、プログでご紹介した本とのかかわりについてです。

昨年の11月中ごろに、角川SSC新書よりFAXにて「新世代日本酒が
旨い」という題で、1月初旬に新しい本が出ます。その本書では、
「新世代の日本酒」と言える推奨銘柄を選び出し、日本酒の初心者
でも出会うことの出来るガイドを目指します。

お酒はスーパーやコンビニ、ディスカウント店で購入するのではなく、
信頼できる酒販店で、ということを強調します、出来ましたら、日本酒
を丁寧に販売する酒販店リストとして、貴店を掲載させてほしい。と
いうことでした。(実際に掲載された酒販店は全国約150店)

掲載される銘柄や大まかな内容もFAXには記載されていました。
それを見て、特に問題はないだろうということで、掲載にOKを
出しました。

その後、出版社から、よければこの本を店頭に置いてもらえないか
と提案がありました。検討した結果、店内とページでも販売することに
しました。

次に、「この本に紹介してある酒しか試さないようになるのが懸案です。」
という、ぽかり様のご指摘はとてもよくわかります。
たしかに、新世代の日本酒として本書で推奨されている36の銘柄は
初心者にとって、まず飲んでみたいまた興味のある銘柄となることでしょう。

著者は、この本の文頭にて、以下のように書いています。

---------------------------------------------------------

本書は次のような方々に、特にお読み頂きたいのです。

○日本酒をこれからのんでみようかな、と思っている方。
○最初に飲んだ日本酒はまずかった・・・・・でも、もう一度日本酒に
 チャレンジしようと思っている方。
○日本酒に興味はあるが、日本酒のにおいがイヤでいままで
 飲まなかった方
○おいしい日本酒は飲みたいけれど、純米だ吟醸だ、米の種類だ
 なんだかんだといろいろあって、日本酒って面倒だから飲んでいな
 かった方。
○おいしい日本酒を飲んで、人生を変えたいと思っている方。

日本酒は、「最初に何を飲むか」「最初の出会いでおいしい日本酒を
飲むことができるか」、がとても重要です。と。

---------------------------------------------------------

著者も文中に書いていますが、残念ながら現在市販されている日本酒
が全ておいしいわけではありません。大手さんの大量生産・大量消費を
目指したものと小規模な蔵でも丁寧に造られたお酒とは、まったく別の
日本酒だ。と感じるのは、私だけではないと思います。

既に日本酒(丁寧に造られたお酒、著者は新世代日本酒と言っていますが)
のファンは、黙っていてもおいしければ買ってくれます。問題は日本酒を
飲んだことのない人たち、特に若い人たちにどうアピールできるか、
一杯飲んでもらえるかを考えることが必要だ。と。

しかし現実にはどんな酒が美味しいか、どこで入手出来るかなど初心者
にはわからない部分も多いと思います。そういった部分をこの本は、
丁寧に解説していると思います。

私自身も、日本酒は「最初に何を飲むか」「最初の出会いでおいしい
日本酒を飲むことができるか」、がとても重要です。という著者の考え方
には共感します。日本酒初めての方には、ぜひ美味しい酒に出会って
日本酒ファンになってほしいと願います。

今まで日本酒を飲んだことのない方が、興味を持たれて日本酒を
飲むきっかけになればよいと思います。それで日本酒に目覚め、最初は
この本の銘柄を順に飲んでいかれてもよいのではないでしょうか。

この本の中では、すでに人気が高く手に入りにくくなったお酒(ブランド化
した酒)も推奨していますが、比較的手に入りやすい銘柄も案内しています。
各銘柄を飲むうちに、色々な味わいも解ってくるでしょうし、銘柄によっては
コレは好き、でもこっちはどうも、という好みも自然に出てくると思います。
そうしてゆくうちに、益々日本酒に引き込まれていく、いってほしいと
私は思っています。

今回も貴重なご意見を頂き誠にありがとうございます。
また色々とご意見やご感想を頂けましたら幸いです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: abetaya | 2010年1月29日 (金) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 片上天然醤油 | トップページ | 東京出張 »