« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

東京出張

23日(土)~24日(日)は東京出張でした。
ある酒販店グループの勉強会に参加するためです。
勉強もよいのですが・・・

せっかくの東京に来たのですから、普段からお世話になっている料飲店さんに
ご挨拶を兼ねて、飲みにいくのが、その夜の楽しみです。
まず、池袋に向かいました。 やっぱり東京は違いますね、池袋の駅を出たら
人・人・人です。大阪の難波や梅田も人が多いですが、桁が違う感じです。

さて、池袋で最初に訪れたのが、「如月桃花・きさらぎとうか」東口店さんです!
日本酒は、下の写真のように、旬のお酒や話題のお酒など日替わりで登場します。
品質管理もパッチリで、とてもおいしい状態でお酒を堪能しました。
全国から地酒が集まる東京。まだ飲んだことのないお酒を試すのも楽しいです。
また本格焼酎や人気の「和」のリキュールも充実。
料理も熊本から直送される「馬刺し」や酒の肴になる珍味まで種類も豊富で満足できますよ。

座席数は、全部で46席。
私が座ったのは、カウンターですが、
テーブル席もあります。

いつもお世話になっている
仕入れ担当の今井様です。

風の森、大倉、睡龍、百楽門、篠峯、梅乃宿など
その時々で、奈良のお酒も楽しめますので、
奈良酒ファンの方ぜひ行ってみて下さい。

如月桃花
〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-28-3 市川ビル2F
電話:03-3983-0307
営業時間:17:00~深夜2:00  日曜日はお休み




次に向かったのは、赤坂です。
赤坂というと高級料亭なんてイメージが
私にはありますが、・・・

超食・ちょい-と」さんは
手軽で美味しい串揚げと味噌おでんのお店です。

実は店長の松田様が奈良出身ということで、
当店にもご縁がありました。

今回で二度目の訪問でしたが、
何とも落ち着くんですね。
ずっ~と以前から通っているみたいな安心感も。
女性のお客様も気軽に入れます。
その秘密は、店長にあります。

やさしく気さくな美人店長に
ぜひ会いに行ってくださいね♪


超食・ちょいーと
〒107-0052
東京都港区赤坂5-4-15 若山ビル1F
電話:03-3584-0007
営業時間:18:00~24:00  定休日:日、祝
千代田線赤坂駅7番出口から徒歩1分


最後に伺ったのは、超食さんのご紹介のお店です。
純米和酒処
駄酒落(だじゃれ) と言います。
昨年12月にオープンしたばかり。

◎店主さんのブログより抜粋
日本酒の純米酒と酒の肴にこだわるお店です。
常時30種程度の純米酒を取り揃えています。
カウンター9席のちいさなお店ですが、真裏に8人
座れる離れ座敷があり、古風ゆたかな風情を持ち
ホットする空間だと,お客様にも好評を得ています。
4人様から貸切でご利用いただけます。

純米酒好きによる、純米酒好きの人の為のお店です。
是非呑んべぇのご友人お誘いの上、遊びに来てください。

超食さんから歩いて、1分くらいかな。
ほろ酔いをやや超した状態だったので、
自信ないですが、近かった印象あります。

店主さんも温和で、落ち着いてゆっくりと純米酒を
楽しむことが出来ました。

純米和酒処
駄酒落(だじゃれ)
〒107-0052
東京都港区赤坂6-3-12
リバービル1F
電話:03-3505-6867
営業時間:17:00~24:00
定休日:日、祝、年末年始
千代田線赤坂駅6番出口
から徒歩3分

| | コメント (2)

新日本酒が旨い

この本、おもしろい! おすすめです

続きを読む "新日本酒が旨い"

| | コメント (2)

片上天然醤油

先日、奈良県御所市の片上醤油さんに行きました。
ご覧の通り、雪の舞う寒い日でした。


暖簾をくぐると5坪ほどの小さな店舗。
そして、その奥が仕込み蔵になっています。

頑なに杉の木桶の中で自然のままに発酵熟成を行う天然醸造の方式を守っています。

 蔵元いわく、「真正な原料を使い、限界に近い濃厚な仕込みをした上で、基本に忠実に、為すべきことを地道に繰り返す。手間ひま惜しまぬ蔵人がいてはじめて出来る醤油」とのこと。
最近は、雑誌に掲載されたりで、当店でもお問い合わせが増えてきました。
大豆と小麦と食塩だけで、まじめに造られた醤油が、ちゃんと評価されるのはうれしいことです。

BSデジタル放送の
「BS-TBS」も取材に訪れたようで、その模様が近々放送されます。
放送日時:1月18日(月) 午後7時~  BS-TBSで放送
番組名:大和路 まほろばの里
全国放送と聞いて、緊張しました。と笑顔で話されました。

片上醤油は、こちらでご紹介しています。

| | コメント (3)

梅乃宿 1995年 純米大吟醸 斗瓶取り生原酒

新年あけましておめでとうごさいます。
久しぶりのブロクになりましたが、本年もよろしくお願いします。

 先日なじみのお客様と梅乃宿の話になりました。お客様いわく、自分は、昔飲んだ石原杜氏(梅乃宿の前杜氏)のお酒を飲んで、日本酒が好きになったんだよ。と話されました。

私がその石原杜氏のお酒でしたら、まだ数本ですが持っていますと返事しましたら、ぜひ飲んでみたいということになりました。

お酒は、1995酒造年度の山田錦40%精米の純米大吟醸の斗瓶取りの生原酒です。蔵と当店の冷蔵庫で10年以上もゆっくりと、時を刻んできたお酒です。

造り手の石原杜氏は、既に引退されており、杜氏の酒は、もう蔵にも在庫はなく、梅乃宿特約店の中でも、極わずかなお店に数本ほどしか残っていないと思われます。そんなとても貴重なお酒です。

続きを読む "梅乃宿 1995年 純米大吟醸 斗瓶取り生原酒"

| | コメント (2)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »