« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

国産ワインを楽しむ会

去る、9月22日(火)に国産ワインを楽しむ会を開催させて頂きました。
会場は、奈良県橿原市 近鉄八木駅より徒歩5分のRabelais ラブレーさん


地酒を楽しむ会は、何度も行っているのですが、ワインの会は、ずいぶん昔(10年以上前)に一度だけ開催した経験があるだけで、いつもよりは幾分、緊張していたように思いますが、ご参加頂きました皆様のおかげで楽しい会になりました。




肝心のお料理の写真なのですが
ワインの説明やサービスに
終われてしまい・・・

ラブレーさんのHPでご覧になれます

ご挨拶されるラブレーのオーナーシェフ
特に今回はワインに合うお料理を、との事で腕を振るって頂きました。


メニュー

ご挨拶代わりにピザ1カット

前菜盛り合わせサラダ仕立て
自家製ノルウェーサーモンのスモーク
生ハム
蟹とアボガドのカナッペ
フランス産 鴨のグリル

イタリア産フレッシュポルチーニ茸
のタリオリーニ
黒毛和牛すね肉の煮込み
デザート盛り合わせ

続きを読む "国産ワインを楽しむ会"

| | コメント (0)

杜の妖精・太・カナブンSAGA

続きを読む "杜の妖精・太・カナブンSAGA"

| | コメント (0)

白瀑の山本常務様ご来店

今月の水曜日(定休日)は、2日は京都、9日は大阪でワインの試飲会が2箇所あり、はしごでしたし、16日は地酒専門卸さんの試飲会が東京であり行ってきました。来週の23日もお昼からワインと料理を楽しむ予定が入っていたりで、何かと忙しい9月です。

さて、17日の夕方、「白瀑」や「山本」ブランドで人気の山本合名会社の山本常務兼杜氏がご来店になりました。

まったく酒造りなどする予定が無かった山本常務が、お酒を造ることになった経緯や、アメリカの大学を卒業していますので、英語はペラペラなど、話は広範囲に広がり・・・

今夜は奈良に宿泊されるということで、場所を店から近くの居酒屋に移し、苦労話から楽しい話まで色々なお話をお聞きすることが出来ました。

中でも極めつけは、密売人と間違われた話でした。

続きを読む "白瀑の山本常務様ご来店"

| | コメント (0)

日本酒 がぶりより -大阪場所-

13日の日曜日、大阪梅田で行われたイベント、日本酒がぶりより -大阪場所-へ店を抜け出し行ってきました。

既に前売りチケットも完売しており、たくさんの方が来場されるだろう。と聞いていましたが、会場は本当に多くの方で熱気ムンムン状態でございました。

奈良からは、二つのお蔵さんがエントリーされていました。まず千代酒造の蔵元兼杜氏の堺さんです。今回は、6種類のお酒を持参されていました。

中でも、「櫛羅 純米吟醸 中取り生酒」が一番好評ですね。とお話されました。個人的には、ええ具合に味が乗ってきた愛山の純米大吟醸が良かったです。

次に向かったのは、大倉本家のブース。こちらは大倉社長と営業兼蔵人の田中さんのお二人が、お客様の対応に大忙しでした。

最近、グングン勢力を広げている「大倉」。大倉の得意技「山廃締め」いや「山廃仕込み」にかかると逃げられません。(^^;)

次に訪れたブースは、三重県の三重錦。蔵元の中井さんが一人で醸す小さな酒造所で、元ボクサーという異色の経歴をお持ちです。

軽快なフットワークのように、活き活きとした旨味を持ち、シャープなパンチのようなキレの良さを持った酒質で当店でも人気です。

続きを読む "日本酒 がぶりより -大阪場所-"

| | コメント (2)

京都 菊乃井 本店

9月最初の定休日。

京都のお客様にお誘いを受け、カミサンと京都東山の老舗料亭「菊乃井」に行ってきました。

いわゆる「下足番」の方がおられる料亭は初めての経験です。ちょっと緊張しますね。


 全てのお料理ではないのですが、印象に残ったお料理です。


秋らしい虫カゴに入って登場
カゴを開けると、⇒


(すずき)赤万願寺(あかまんがんじ)焼き
むかごが添えてありました

胡桃(くるみ)入りゴマ豆腐の上に
ぶどう(デラウェア種)が乗っています


(はも)のしゃぶしゅぶ

(くり)ごはん ザクロと枝豆入り


無花果(イチジク)と巨峰の紅茶カクテル


黒糖とユリネと菊の花のようかん

せっかく美味しいお料理を頂くのですから、お酒なしは考えられません。
まずビールを頂き、その後は日本酒です。菊乃井オリジナル吟醸にはじまり、やっぱり京都に来たからには京都の地酒ということで「玉乃光 純米吟醸」を飲みました。個人的には玉乃光が美味しかったです。

菊乃井については、いろんな方が、ブログやHPで書かれていますが、飲み物についてはあまり掲載記事がなかったので、また職業柄ということもあり、「ドリンクメニュー」から色々と・・・

まずビールは、大手四メーカー全てありました。中瓶です。価格は全て同じです。プレミアムモルツもスーパードライもエビスも同じ価格でした。ついでにグラスはクリスタル、しかもビール用のタンブラーも水用のタンブラーも「菊乃井」のマークの入ったオリジナルです。

次に日本酒は、菊乃井オリジナルの吟醸と大吟醸がありました。そして地元の玉乃光 純米吟醸。その他には、鄙願(ひがん) 大吟醸、八海山 大吟醸がありました。

続いてワインですが、当然何種類もリストに載っていましたが、さすがと言いますか、ドンペリやボルドー5大シャトーものもありました。最後に焼酎ですが、こちらも色々と掲載されていましたが当店の取り扱い銘柄では、「八千代伝」がありました。

午後12時にお店に入り、出たのは3時半、こんなにゆっくり美味しい昼食を頂くことはめったにありません。しかも夫婦で出かけるのも久しぶり。とても贅沢な時間を過ごすことができました。


 次に私たちが向かったのは、現在「ルーヴル美術館展」が開催中の京都市美術館です。レンブラント、フェルメール、ルーベンス、プッサン、など17世紀のヨーロッパ絵画を代表する巨匠たちの作品をゆっくり鑑賞しました。

平日でしたが、たくさんの方が来られていましたね。土日は行列になると聞きましたがなるほどです。絵画ファンと地酒ファンどちらが多いのだろう?なんてことを思うところが自分らしいです。

たまには仕事を忘れて、出かけるのもいいなぁ。最後になりましたが、こんな素敵な機会を作ってくださったさま本当にありがとうございました。


| | コメント (2)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »